施術方針

カイロプラクティックの看板を掲げる施術院はあまた存在します。その施術はそれぞれの院の先生方の信念に基づき多種多様なやり方があります。それらを決して否定は致しません、ただフィジカルオアシスでは「カイロは痛い」とか「カイロは骨をポキポキ鳴らされて怖い」といった誤った解釈でカイロプラクティックに縁遠くなった多くの方にカイロプラクティックの素晴らしさを体感していただきたく考えております。

筋肉重視の施術

骨がズレて身体がゆがむ場合と筋肉の緊張で骨が引っ張られズレが生じた場合があります。まさに卵が先か鶏が先かという話ですが、どちらも筋肉が緊張して固くなっている場合がほとんどで、フィジカルオアシスではこの固くなった筋肉を時間をかけて緩和(ほぐす)ことを重視しています。

これには、もむ、押圧、ストレッチ、など症状や部位にあわせて使い分けています。マッサージに似て非なるフィジカルオアシス独自の筋肉緩和術です。

あまりの気持ちよさについ居眠りをされる方も多くいらっしゃいます。来院者の約半数はこの筋肉緩和術だけで主訴が改善し、何度かご来院いただくとこの筋肉がリラックスした状態を身体が記憶してゆきます。悪い姿勢を続けると身体がその姿勢を記憶するのと同じことです。
それでもゆがみの残る場合はその都度各種の器具でやさしく矯正してゆきます。

筋膜リリース

筋膜とは筋肉を包む薄い膜のことで、身体を動かす時筋肉の収縮や弛緩をスムーズにするため、または筋膜どうしや他の組織との摩擦を軽減するためにリンパ液が介在します。
ところが、筋肉の疲労や急な運動で疲労物質が蓄積されるとリンパ液の流れが悪くなり、筋膜と筋肉や筋膜と他の組織が癒着をおこし
その結果、痛み、しつこい凝り、関節の可動域減少、スポーツにおいてはパフォーマンスの低下などを起こします。
この癒着を起こした筋膜を正常な動きへ導く(癒着を解き放つ)のが筋膜リリースです。
これには手技と、部位と状況により特殊な器具を用います。

その他、施術にはこのような器具を使用します
画像の説明

最後の手段

いろいろな方法で関節のズレの矯正を試み、それでもダメな場合は骨を直接動かす「ポキポキ」をする場合がございます。でもいきなりすることはありません、必ずご本人の了解のもと施術します。
まれに、「ポキポキ」が好きでリクエストされる方もいらっしゃいます。いずれにせよインフォームドコンセントに基づいての施術とします。

どうかご心配なさらないでください。