骨盤のゆがみ

  • 骨盤のゆがみを写真を使用してご説明します

下の写真は骨盤を後ろから見た状態になり、緑色で囲った部分の骨を仙骨青色で囲った部分の骨を腸骨と言います。この両者が接する赤色部分の関節を仙腸関節といいます。
左右の腸骨が合わさっているピンク色の所が恥骨結合です。

画像の説明

下の写真は骨盤を前から見た状態で、赤いラインの部分が仙腸関節になります。
画像の説明

  • この仙腸関節には上半身の体重のすべてがかかり、人類が二足歩行するかぎり、常に大きな負荷がかかっています。特に跳躍したり、高い所から着地した瞬間は数百キロから1トンを超える力がかかることもあります。
    それ故、この仙腸関節は多くの筋肉と靭帯でしっかり支えられていますが、普通に歩くだけでも僅かに可動します。

通常は負荷がなくなるとすぐに元の位置に戻りますが、小さな負荷でも長時間負荷がかかっていると、身体がそのズレた状態を正常な位置と勘違いしてしまいます。この状態が(骨盤がズレた)状態です。

          骨盤を上から見た写真(正常)
画像の説明

          骨盤を上から見た写真(異常)
上の写真に比べ明らかに右腸骨が後ろにズレている
(実際にはこんなに大きくズレません、説明のためわかりやすくしています
画像の説明

一度勘違いした位置は自然には回復しません、そのためカイロプラクティックでの矯正が必要になります。

骨盤がズレると、その構造上足の長さが変わってきます。当然それを修正するため、上半身の筋肉や関節のバランスが崩れ肩こり、頭痛、などの発症につながります。
また、骨盤内の臓器(腸、子宮、卵巣・・・)などにストレスがかかり便秘、生理不順、生理痛、不妊など女性には辛い症状の引き金にもなります。

では日常生活で何が骨盤をズラす原因でしょう?

一番気を付けるべきことは、脚を組まない、床に座るときは足をどちらかに流さない(横座り)、立っているときは、体重をどちらかの脚にかけない。
特に、床に座るときペチャンコ座りしない。ペチャンコ座りを続けていると、骨盤の底の部分が開き内臓も下がり、お尻が大きくなってしまう。

  • このホームページの「ゆがみチェック」で、もし気になることがございましたらお気軽にご相談ください。健康のため、スタイルのため